時短&スキルアップ!はじめに知るべき超簡単なプロンプトの活用法(プログラム偏)

Generative AI
「ChatGPTは、APIを使う方法があるというけどよくわからないんだよね。」
「具体的なプログラムの流れのイメージが持てないんだよね。」
「APIの使用とか無料でないみたいだし難しいな。」

このようなケースを例に、ChatGPTの活用を見ていきましょう。

本記事の内容

ChatGPTを使って、調べものの効率化を始めませんか?

身近なところでは、プログラムの仕方やプロンプトエンジニアリングなどをまとめて教えてもらうことにも使えます。
プロンプトエンジニアリングを意識して、依頼内容、依頼時の前提条件を付けてみましょう。

プログラムの説明

指示や役割、前提条件、出力方法など、依頼内容を段落分けして、簡潔に列挙して指示をします。


# 命令書:
あなたは、優秀なChatGPTAPIエンジニアリングの教師です。
#条件:を踏まえて、Google Apps Scriptを使用して、スプレッドシートのテスト結果データを
分析するためのChatGPTのAPI利用ガイドを作ってください。
#条件:
Google Apps Scriptを使用してChatGPTのAPIを呼び出す際の基本的なコードの説明と例を示す。
ChatGPTからの応答をスプレッドシートに表示する方法についてのセクションを追加する。
Google Apps Scriptの基本的な概念と、スプレッドシートとの連携方法を説明するセクションを含める。
APIキーの使用と料金についての説明を含める。

回答例




### 1. Google Apps Scriptの基本的な概念

Google Apps Script (GAS) は、Google Workspaceのアプリケーションをカスタマイズして拡張するためのスクリプト言語です。
JavaScriptベースで、Googleドキュメント、スプレッドシート、フォーム、スライドなどのアプリケーションと連携して動作します。

### 2. スプレッドシートとの連携方法

Google Apps Scriptを使用して、スプレッドシートのデータを読み取ったり、新しいデータを書き込んだりすることができます。
以下は基本的な方法です:

- スプレッドシートを開きます。
- ツール > スクリプトエディタ を選択します。
- 新しいスクリプトファイルを作成または開きます。

以下のコードは、スプレッドシートのA1セルのデータを読み取る例です:

```javascript
function readData() {
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getActiveSheet();
  var data = sheet.getRange("A1").getValue();
  Logger.log(data);
}
```
(中略)

### 5. APIキーの使用と料金について

- **APIキー**: ChatGPTのAPIを使用するためには、OpenAIから提供されるAPIキーが必要です。
このキーは非常に重要で、第三者に漏れると不正利用される可能性があります。スクリプトや公開される場所に直接APIキーを書き込むことは避け、
安全な方法で管理してください。

- **料金**: ChatGPTのAPIの使用は、リクエスト数やトークン数に応じて料金が発生します。OpenAIの公式サイトで料金体系を確認し、
APIの使用量を監視して、コストを適切に管理してください。


このガイドを使用して、Google Apps ScriptとChatGPTのAPIを組み合わせて、スプレッドシートのデータを効果的に分析することができます。
必要に応じて、上記のコードをカスタマイズして、特定のニーズに合わせて使用してください。

まとめ

プロンプトエンジニアリングを通じて、Google Apps Scriptとの連携を使って、スプレッドシートのデータ分析にChatGPTのAPIを活用する具体的な事例について紹介しました。プログラミングのサポートを受けながらバックオフィス業務の向上に取り組んでみませんか。

コメント