テレワーク生活だからこそ朝活しよう

スタイル
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早起きは続けられていますか?テレワーク生活での最大の恩恵は、通勤時間が無くなることですよね。私も油断すると朝寝坊になることになるのですが、せっかく手に入れた朝の時間、朝活で気分よく一日を過ごす私の事例を紹介します。

会社通勤(オフィスワーク)ではできなかったこと

ビジネス雑誌などでもとりあげられる理想的な時間の使い方。わかってはいても、過酷な通勤環境では継続できないことが多かったんですよね。でも今は行えます。

  • 始業前のゆとりある時間の中で、その日のやるべきことを書き出す。
  • 午前中に優先度の高い業務に集中し、午後はクリエイティブな仕事をする。
  • 朝はミスをしにくい時間のため、事務仕事などを行うと時短につながる。

グローバルエリートの54%はその日やるべきことを書き出すが、日本においては25%。

グローバルエリートの50%は午前と午後で仕事の種類をかえるが、日本においては18%。

PRESIDENT 2018.1.29より

時間の使い方の差は歴然なので継続したかったのですが、目を背けがちでした。

朝のルーティーンも楽しめます

朝活では一日を気分よく始められるように、お気に入りのルーティーンを作るのもよいと思います。私は小さな達成感とゆったりとした気分に浸りたいので、以下のようなことをやってます。

  • 決まった時間に食事をとり、ゴミ出しや拭き掃除など少しの掃除を行う。
  • 2時間ほどは、窓を全開にして空気を入れ替えます。
  • 業務スペースに、飲み物を用意し落ち着く音楽を流します。

朝の時間は有効につかいたいですよね

会社通勤(オフィスワーク)での朝活は、意識が高いか環境に恵まれた人の特権でしたが、今はできることが嬉しいですよね。朝の時間を見直されるきっかけになれば幸いです。

コメント